フクロウがやって来た

 愛知県の県鳥は「コノハズク」。フクロウ科の渡り鳥で、その鳴き声から「ブッポウソウ」の別名で親しまれています。

豊誠建設もこのフクロウをイメージキャラクターの1つにしています。

フクロウは、ギリシャ神話で知性・学問・芸術・戦術などを司る女神アテナが従者として肩に乗せているところから由来して、「森の賢者」「森の哲学者」ともいわれています。

※ハリーポッターに登場するヘドウィグ(♀)もシロフクロウです。

日本でも、頭が180度回ること、暗闇でも夜目がきくところから「頭の回転がよく知恵がある」、「見通しがきき商売が繁盛する」などと重宝され、「不苦労」や「福老」の字をあてて、福を呼ぶ象徴にもなっています。

幾何学模様の壁面に埋め込まれた白い棚に、北山杉台杉の株を京都の材木問屋さんから分けていただき、日本の柘(つげ)のような風合いを持ったカダムという樹の透かし彫りのフクロウをつがいで飾ってみました。

ちょっと無機質だった会社の玄関が、ほっこりと皆様をお迎えいたします。

2017年度ZEH普及目標に対する結果報告

㈱豊誠建設は「ZEHビルダー登録」をしております。

2020年度の注文住宅のZEH達成率50%を目標としています。

※2017年度までの結果を報告いたします。

年      度 2016年 2017年 2018年 2019年 2020年
ZEH達成率目標 5% 15% 30% 40% 50%
実      績 0% 0%

京都・伏見稲荷大社参拝

豊誠建設の新年は「伏見稲荷参拝」で始まります。もう40年以上も続く伝統行事です。

今年は1月10日に、協力業者の皆さん、会社役職員合わせて33名で出かけました。

午前7時、名古屋を出発し、貸切バスで名神高速を一路京都へ。

ここだけ?!「元祖オリエンタルカレー」

養老サービスエリアで昔懐かしい「元祖オリエンタルカレー/600円」を食べ、腹ごしらえ。

昭和20年からずーっと変わらない味。ここに立ち寄ったときは必ず食べてしまいます。

※この「元祖オリエンタルカレー」は、名神下りのここでしか食べられません。

休憩をはさみ2時間ほどで京都南ICで高速を降り、伏見駅近くの駐車場へ。バスを降りると、ここからは歩きです。

「伏見稲荷」は「お稲荷さん」の総本宮

大勢の外国人観光客で賑わう参道を登り、土産物店や出店の前を過ぎると、朱塗りの立派な本殿が見えてきます。

全国に30,000社あるといわれる「お稲荷さん」の総本宮が、ここ伏見稲荷大社です。国の重要文化財に指定されています。

本殿でお祓いを受け、商売繁盛を祈願したあとは、稲荷信仰の原点である標高233mの稲荷山に登ります。

鮮やかな朱色の千本鳥居をくぐり、いくつものお社群を横目に山頂を目指します。

土地を司る神「猿田彦大神」

息を弾ませ、汗を拭き拭き、稲荷山の山頂下にある二之峰(中社神蹟)の「青木大神」へ向かいます。

青木大神は、神話にも出てくる「猿田彦大神」のことです。

建設に携わる人々から、物事の始まりの道しるべの神様、土地を司る神様として親しまれています。

青木大神へお参りをしたあとは、峠の茶屋「辻亭」でニシン蕎麦をいただき小休止。汗をかいて登った体に蕎麦の汁がしみわたります。

縁結び・水の神さま「賀茂御祖神社(下賀茂神社)」

下山後は、少し足を延ばして名所巡りです。今年は鴨川と高野川に囲まれた「国宝/下賀茂神社」に参拝。

最後に、井筒八ッ橋・追分店で沢山のお土産買い、新名神で帰路につきました。

※伏見稲荷大社について詳しくは公式サイトでチェックを。

平成30年が始まりました。 今年も皆様にとって、良い一年になりますように。

工務店グランプリで『愛知県1位』獲得!

2017年12月7日、今年で6回目を迎える『ホームリサーチ/工務店グランプリ表彰式』が、東京墨田区の第一ホテル両国で開催されました。

その中で豊誠建設は、三ツ星工務店として、昨年の全国10位を上回る「1387社中、全国5位、愛知県1位」の成績を収めることができました。

検査回数10回。審査写真枚数700枚の全ての項目において指摘ゼロ。検査対象物件でAAA(トリプルA)を獲得。

基礎配筋の施工、構造用金物の二重チェックや躯体貫通部の防水処理など、高い技術力と丁寧な仕事が評価されました。

私たち豊誠建設は、これからも「匠の技と心」を皆様にお届けします。