• 耐震・断熱

    限られた予算で最大の効果をもたらすように

    居住性とのバランスも重視

    住宅の耐震等級は1~3に分かれ、3が最も高い基準となります(3は「数百年に一度程度発生する地震力の1.5倍の力による水平力に対して、倒壊、崩壊等しない」対策を取ることと定められています)。等級が高くなるほど強化するための費用は高くなり、逆に金利や火災保険は安くなります。
    豊誠建設ではもちろん1~3のどの等級にも対応した家づくりが可能です。いくらでも強化することはできますが、大切なのは「限られた予算の中で、最大の効果をもたらすためにはどうすればいいか」ということ。お客さまそれぞれ家づくりのプランが違う中で、当社では専門的な見地からプランごとの最適な耐震対策をご提案します。予算、そして居住性とのバランスを図ることがポイントとなります。

    国が進めるZEH(ゼッチ)にも対応

    断熱に関しても、耐震と同様に予算との兼ね合いで最大の効果を考えていきます。例えば外壁に面する部分に配置する断熱材では、①細いガラス繊維でできている「グラスウール」、②天然の木質繊維である「セルロースファイバー」、③水で発泡する「吹付け硬質ウレタンフォーム」と、大きく分けて3種類のものを当社ではよくご提案しています。それぞれに特長がありますので、お客さまの予算とプランにより最適なものを選択し施工していきます。また、サッシの結露対策も断熱と大きく関係する部分のため、樹脂素材を使用したり、ガラスを2枚にする等の選択肢が考えられます。
    なお、耐震・断熱にかかわる業界の動きとして、国が推し進める「ZEH(ゼッチ)=ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス」というものがあります。これは、高断熱化と高効率設備によって、快適な室内環境と大幅な省エネルギーを同時に実現。その上で、太陽光発電等でエネルギーを創り、年間に消費する正味(ネット)のエネルギー量が概ねゼロ以下となる住宅のことをいいます。省エネの観点から経済産業省では「2020年までにハウスメーカー等の建築する注文戸建住宅の過半数でZEHを実現すること」を目標とし、普及に向けた取り組みを行っています。当社ではこの趣旨に賛同し、国に対し「ZEHビルダー」として登録。お客さまのご希望に応じ、最適なZEHのプランをご提案していきます。

    ●ZEHとは
    「Net Zero Energy House = ZEH」
    詳しくはこちら
    チームベリアス株式会社
    経済産業省
    豊誠建設ブログ